2010年01月30日

ざわわがぽわわ

2010012703.jpg


ぱいぬに滞在してもうすぐ2ヶ月になります。
島ではさとうきびの収穫が始まりました。
初めて見る光景です。
今までは広いさとうきび畑を見ては
風にそよいでざわわという音を聞いていました。

今回島を見て思ったのは
さとうきび畑に大きなねこじゃらしのように
キビの花が咲いていて すごく猫が喜びそうだということでした。
そして 畑によってぽわぽわがある畑とそうでない畑があるということで、
さとうきびは1年で収穫するものではないんだなと思いました。

各島に製糖工場があって
年に一度だけ1月から3月まで稼働しているのだそうです。
その間にきびを収穫して製糖工場に納品するのだとか。

島のあちらこちらできびの収穫を目にすることができます。
小浜島でもシュガーロードの半分は収穫が済んでいました。
広い畑は大きな機械が入るらしいのですが、機械は順番があるそうで
農家は機械の順番がまわってくるまでは手作業なのだそうです。
キビの花のぽわぽわを切り落として 周りの余分な葉っぱを鎌で削いで
根元から切る…
それを手作業で延々と行われています。
とても大変な作業です。

私は 製糖工場が年間に3ヶ月しか稼働しないことも
きびの収穫がそんなに限定された期間しかないことも知りませんでした。
もっと簡単なものだと思っていました。
そしてきびをしぼって汁を出して煮詰めて作るものだと思っていました。

学校で習ったことはそれくらいだったから。
さとうきびをしぼって煮詰めて作る
それしか知識がなかったから。

ぱいぬに足を運ぶようになって
知らないことがたくさんあることに気づきました。
日本なのに遠すぎて日本じゃない所。
琉球王朝が制圧するまでは独自の文化を持っていて
台湾や中国との流通などで交流がさかんだったこと。
本土に比べて土器や石器を使う風習より、木や葉っぱを使う
インドネシアやポリネシア文化に近い生活を祖先がしていたこと。
琉球王朝や薩摩の勢力が入るまで お寺や神社がなかったこと。
古い集落には御嶽(うたき)とよばれる聖地があり
先祖や功績者が後に崇拝の対象になること。
御嶽に関して言えば こないだまで神社だとばかり思っていました。

ざわわがぽわわになることも知らなかった私。

自分はちっちゃい。
一生で経験できることはホントに限られている。
だったら限られた時間で何を知ろうとすべきか…
沖のリーフに当たる波の音を聞きながら
最近はそんなことを思うのです。
posted by Shara at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

初夢

2010010207.jpg


今日は正月二日
二日と言えば「初〜」
今年は島にいるので 初売りの福袋を買うこともなく、
のんびりとした1日でした。

昼間 少し調べものがあって、ゆっくりと調べものをしていたら、
初夢という項目がでてきて、
正確には初夢というのは正月二日の夜に見る夢のこと
だと書いてありました。
元旦にお宮参りに行くのを初詣というし
てっきり元旦の夜に見る夢のことだとばかり思っていました。

永き(長き)世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音の良きかな

上から読んでも下から読んでも同じこの歌
面白いなぁと思って 記事を読み進めていたら
こんなことが書いてありました。

この歌がなぜ、使われるのか由来は定かではありませんが、「なみのりふね(波乗り船)」と「みのり(実り)」、「とおの(遠の)」と「とおの(十の)」、 「長き夜(夢見が続く)」や「長き世(長寿)」、または「長き世(時代の波)」、「船(宝船)」と「不音(静かな)」など、音や意味合いなどの言葉遊びが 随所に用いられていて、おめでたい感じと、言葉の遊び(洒落)が、お正月に良い運を引き寄せるのに相応しいという事なのかもしれません。
この歌が書かれた七福神の宝船の絵を枕の下に置き、歌を3度読んで寝ると吉夢を見られると言われているのです。


で 七福神の絵を描いてみようかと思ったのですが…
これがまたうまくいかず…

そうこうしていたら
いつのまにか私の横の一太郎さんは眠ってしまいました。

今年こそいい一年にしたいな…
いい夢がみられるといいな…
そんなことを思っています。
posted by Shara at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

2010010101.jpg


新しい年になりました。
今年はどこにも出かけていない
静かな新年です。

去年もたくさんのコメント
ご覧悦 ありがとうございました。
まだ コメントにお返事ができる状態ではないけれど
きちんと読ませて頂いて 毎回励まされています。

昨年同様
今年も 一太郎共々
よろしくお願いいたします。


遥か彼方のぱいぬ島より
     Shara & 一太郎
posted by Shara at 00:32| Comment(5) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

群か星(むりかぶし)

2009122507.jpg

ぱいぬの島々は 星がとてもキレイです。
その上一年中天の川を見ることができます。
日本で南十字星を観測できるということでも有名です。

ここのブログがなかなか更新できないようになって
コメントを頂いてもお返事ができない状態になって
それでも 忘れずにここを訪れてくださる方がいて
コメントを残してくださって…
本当にありがたいと思っています。

今年1年間のうち どれだけぱいぬの島々で過ごしたかな…
ふと考えてみたら、半年くらいはぱいぬの島々のどこかにいた気がします。
生きていくためのリハビリの日々は 今もなお続いています。
なぜこの南の果ての島々だったのか…
それは自分で決めた訳ではなく、ただ人生のレールの上に用意されていたかのようでした。
それまで 私の人生の中には、この土地へのご縁は全くなかったからです。

最初はホテル 次はコンドミニアム
そうこうしているうちに
古い一戸建てがぱいぬでの拠点になりました。
一戸建てでの日々は、島への結びつきを強く意識させられることが
けっこうあります。
一太郎との散歩でもそれを感じることがあります。
禁足地や決して村人以外に話してはいけない祀り事が残っているからでしょう。
若い人は内地からの人間を「ないちゃー」と呼び
古い人は「大和人さぁー」と言います。
でも 基本的には、礼を尽くして風習に従えばあたたかい場所です。

クリスマスの夜 ケーキにロウソクをともして
ふと クリスマスのロウソクは星を意味するということを思い出しました。
そして 「むりかぶし」という言葉を聞いたのを思い出しました。

むりかぶしというのは星の群れという意味で
だいたいスバルのことをそう呼ぶのだそうです。
ぱいぬの民話に「むりかぶしゆんた」という話があると聞き
調べてみました。
すると こんな文献がありました。

昔、八重山の島々は
琉球王朝からの重い年貢の取立てに苦しんでいました。
それをみていた天の王様が
南の七つ星に島を治めるように命令しましたが、
南の七つ星は「できません」と返事をし、
怒った王様は南の七つ星を南の空においやり舞い踊りをさせました。
次に北の七つ星に島を治めるように命令しましたが、
北の七つ星は「できません」と返事をし、
怒った王様は北の七つ星を北の空においやり組み踊りをさせました。
やがてちいさなむりかぶしが王様の前にすすみでて
「わたしにやらせて下さい」と言いました。
「お前のような小さな星が島を治められるのか」と王様がたずねると、
むりかぶしは「はい、できます」と大きな声で返事をしました。
王様はたいそう喜んで、
「お前はいつも島全体が見えるように天の真ん中を通りなさい」と命じました。
それ以来、むりかぶしは東から昇り天の真ん中を通って西に沈むようになりました。
そして島の人々に季節と農作業の時期を知らせました。


草木の成長や星の動きは
ぱいぬの島々の人の大事な農作業の暦になっていたのだそうです。

2009122508.jpg

小さなあかりでも こっそりケーキを舐める一太郎が
写真で残っています。

ちいさなあかりだけでは心もとなくても
群れになれば それは大きな道しるべになるんだよ
決して人はひとりぼっちではないんだよ
よくも悪くもシガラミがあるかもしれないけれど
決してひとりぼっちじゃないんだよ

こっそり窓を開けて見上げた空は
雲がかかっているものの その隙間から星空が輝いていました。
ぱいぬ島でしか見ることができない
こぼれ落ちそうな近い星空。
星座の位置がちょっと違って戸惑うこともまだあるけど
一太郎と一緒に
これからもがんばって生きることに前向きに
そして 早く元気に

今夜は空を見上げて そんなことを思いました。
posted by Shara at 00:56| Comment(5) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ぬちぐすい

20091215ぬちぐすい.jpg

早いものでぱいぬ島に着いて半月が過ぎました。
この半月間 ずっとばたばたしていた気がします。
もちろんそれは最初からわかっていたことなので、想定内のことなのですが、やはりちょっと疲れがたまってきているようです。

それでも仕事の最中に ふと目に入るモノが
ちょっとした休憩になったりしています。
仕事が詰まってトゲトゲになっていても
なんとなく肩の力が抜けたりします。

2009121502ぬちぐすい.jpg

最近一太郎さんとのコミュニケーションもあまりとれず
わんたろさん自身も疲れているようです。
いつも一緒だったのが仕事だったのに、慣れない家を守る仕事をしていることもあると思います。
ランに行ってないこと 友達がいないこと
思い当たる事がたくさんです。

仕事で訪れた店の接客が上手なわんこにふれて
なんとなくそれに気づきました。
わんたろさんとでかけること
カフェでお茶を飲むこと
習慣の変化は環境の変化よりも順応しにくいものだなと思いました。

ぱいぬには「ぬちぐすい」という言葉があるそうです。
ぬちは命 ぐすいは薬 命の薬という意味だそうですが、
それは具体的な薬などではなく、母親の愛のようだったり、動物達の無償の愛であったり、植物の鮮やかな美しさだったり…
心にしみるモノのことを言うのだそうです。
ぬちぐすいは ホントは身近にたくさんあるのに
忙しさに流されて、ココロがとげとげになって
それでぬちぐすいに気づかなかったり、ぬちぐすいの量が追いつかなくなったりして…
なんか そんな状態なのかなぁ…

気候も人もあたたかで
海はどこまでも碧く
木々や花々は鮮やかで
時間の流れはゆっくりで
それがきっと ぬちぐすい
大事なことは そのぬちぐすいを受け入れるゆとりと姿勢があるか
どれだけ自分に素直になれるか

なんとなくそんなことを思ってしまいました。
posted by Shara at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

最近のこと

DVC00444.jpg

12月からまた九州を移動して 別の場所で仕事をしています。
国境近くのこの南の島々は、とてもおだやかで、
気温も昼間は初夏の陽気で、夜も福岡の昼間くらいの気温です。

東京で仕事をしていた時から考えると
京都 大阪 福岡 熊本 そして沖縄と
どんどん南下してしまったことに気がつきました。

そうそう
みなさんからのあたたかいコメント
本当にありがとうございます。
まだまだお返事ができるような状況ではないので
お返事を失礼させて頂いているのですが、
きちんと目を通させて頂いて、あったかい気持ちになっています。
本当にありがとうございます。

DVC00445.jpg

先日仕事で訪れた島は とても自然が残っており、
ネイチャースポーツを楽しむ島でした。
同じ地域でも 島々でこんなに変わるものかと
ちょっと驚いてしまいました。

DVC00446.jpg

ここは本当に自然の楽園で
時間の経過を忘れそうな島でした。
ただ 思ったのは
便利さに慣れきっている私には、とても住むことは難しい島だということでした。

DVC00447.jpg

潮流でできたサンゴの島 バラス島や
姿形を常に変えているサンドアイランド
国境近くの南の島には 今まで知らなかったモノや
考えてもみなかったことがたくさんです。

しばらく島々を巡りながら滞在の予定。
一太郎も新しい居場所に少しずつ慣れてきました。
仕事が落ち着いたら ゆっくり一太郎と楽しみたいと思っています。
posted by Shara at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

舟蔵の里

先日ステキなところを書きかけて そのままになっていましたが、
石垣島の舟蔵の里という場所です。

DVC00045.jpg

赤瓦の建物ときれいな庭があって
いろんな施設がありました。
ホントは郷土料理屋さんらしいのですが。
仕事関係のヒトと打ち合わせをしていて
その女性がとてもおすすめしてくれた場所です。

DVC00046.jpg

カフェも併設されていて 前回はカフェの入り口の画像をアップしていたのですが
カフェのテラスに座るとこんな景色が広がっていました。

DVC00047.jpg

見渡すと なんだか昔ながらっぽい建物がいっぱいです。

DVC00048.jpg

見上げると いい感じに木々が木陰を作ってくれています。
木漏れ日がとてもきれいでした。

DVC00049.jpg

で おすすめのスイーツとアイスコーヒーをば…

DVC00050.jpg

島とうふのレアチーズケーキ長寿草ソースかけです。(^^)

DVC00051.jpg

ちょっとくせがあるけど 嫌ではない感じの
すっきりしたソースと まさにお豆腐って感じの後味が広がるレアチーズケーキ♪

DVC00052.jpg

長居するのにぴったりの空間でとてもステキな場所でした。
今度はゆっくりお邪魔したいなぁと思いました。
posted by Shara at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

定位置

DVC00042.jpg

仕事で石垣市の繁華街を歩いていたら
わんこに遭遇しました。
とてもおりこうさんで なでなでさせてくれて
ひょいとシーサーの横に…
「このコの定位置なんですよ〜」
隣の店からおねーさんが出てきて教えてくれました。

毎日こうやって通りのヒトを見ているのだそうです。

DVC00043.jpg

「今日もいい天気で平和そうだな…」
そうだね(^^)
posted by Shara at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

石垣島の夕景

DVC00036.jpg

とても風が強かったけど きれいな夕景です。

2009042702.jpg

いい1日だったなぁ…(^^)
posted by Shara at 19:02| Comment(4) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

今日はいい天気

2009042701.jpg

海も空もキレイです…
posted by Shara at 16:54| Comment(4) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

スナックパインあります

DVC00034.jpg

パイナップルが生えています!

DVC00037.jpg

パイナップル畑ってすごいなぁ…
posted by Shara at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

ちゅらぐるめ2

DVC00027.jpg

お魚が食べたいということで 昨日は郷土料理のお店へ行きました。
ソーメンチャンプルーマグロ丼です(^^)
島豆腐のステーキも食べました。

前回も島豆腐を食べたときに思ったのですが
絹ごし豆腐と木綿豆腐をたして割ったようなお豆腐です。
だけど 大きさは単純に普通サイズの豆腐二丁分はありそう…(^^;

DVC00028.jpg

ミーバイのマース煮です。
ミーバイは高級魚
ここ最近天気が悪かったので 大きなミーバイは入ってないよ〜って
お店のおばちゃんが言いましたが 小さくてもミーバイはミーバイ。
ってか Shara的にはグルクンが大好きになったのですが…
マース煮というのは 塩味の煮付けのことだそうです。
あっさりした塩の旨味たっぷりの煮物でした〜♪

DVC00029.jpg

そのあと 一度戻って夜中におでかけ。
ピパーチ入りのベイクドチーズケーキ(^^)
ピパーチっていうのは 島こしょうだそうで…
確かに 独特のスパイシーな香りが広がるコクのあるチーズケーキでした。
それから ちょっと肌寒かったので、ホットバタードラム カウをお願いしました。

今回の滞在は まだ一度も太陽を見ていないし
すっごく肌寒くって もっと長袖を持ってきておけばよかったと後悔の日々です。
でも ちゅらぐるめは堪能しています。。。
posted by Shara at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

ゴーヤくん

DVC00031.jpg

本日の石垣島は
石垣島トライアスロン一色です。
なので 今日はお仕事になりません…(^^;

さっき カフェにお茶を飲みに行ったとき、
沿道で声援を贈るヒトの中に 妙なヒトが……

DVC00032.jpg

ゴーヤくんって…(^^;
ちなみに顔は まりもっこりみたいな目をしてました…
posted by Shara at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

ちゅらグルメ

DVC00023.jpg

石垣中の牛丼を食べさせてくれるという
いしなぎ屋という店に行きました。

DVC00024.jpg

うーん さすがに普通の牛丼よりお値段もいいですね〜

DVC00025.jpg

とてもおいしそうです♪
食べてみると とても肉のうまみが濃厚で脂身とか気になりません。
ホントに牛丼用の肉?って思うくらい いいお肉で作ったような
そんな贅沢牛丼でした。

DVC00026.jpg

たまごを入れると また味がマイルドになって…
やっぱり石垣牛は偉大ですねー(^^)
おいしかったです♪

posted by Shara at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

やぎ

DVC00017.jpg

移動中 やぎ発見…
すごい体勢で寝てるなぁ…

「かわいいなぁ…」と言ってたら
「……食用だけどね…」とのこと…(^^;
そうかぁ…石垣島はヤギを食べるんだった…
posted by Shara at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

佐世保

DVC00014.jpg

とゆーことで
今夜は佐世保の夜景を見下ろすホテルにお泊りです。
posted by Shara at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

沖縄本島の思い出

実際 今まで石垣島をメインに報告していたのですが
実は沖縄本島にも出かけたわけで…

写真はあまり残っていないのですが…

20090223001.jpg

ぶくぶく茶を飲むために首里城の近くに行ったので
もちろん写真撮影をしました。
このわんたろさんの満面の笑み…(^_^)b

20090223002.jpg

以前も紹介しましたが 首里城での記念撮影のモデルのお仕事をしているおねーさんが
とても一太郎を気に入ってくれて とてもかわいがってくれました。
わんたろさん鼻の下が伸びてるよ…(^_^;

20090223003.jpg

石垣島でも思ったのですが
なんかとてもにゃんこが多い気がしました。
わんたろさんがでれでれしている間 垣間見ていたにゃんこさん♪

20090223004.jpg

とても仲良しみたい。恋人同士なのかな?
島の住環境はわかんないけど とてものどかな印象を受けました。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
ボストンテリアランキング
ぽちっとおねがいします。。。
posted by Shara at 17:22| Comment(3) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

沖縄創作料理

20090225001.jpg←やっぱりキレイ!

先日バリリゾートin石垣島の紹介をしましたが
そこのダイニングは和食洋食沖縄創作料理がメニューにありました。

きっとコースは食べきれないよねってことで
アラカルトを選択。

20090225002.jpg

これは島豆腐のステーキ和風ソース

20090225003.jpg

これはグルクンの唐揚げ
グルクンは沖縄本島でも食べましたが 県魚らしいです。
からっとあげてあるので 骨も骨せんべいみたいに香ばしくておいしかったです。

20090225004.jpg

沖縄豚の焼き肉です。
とってもジューシーでおいしかったですよー
たれじゃなくって塩で食べたのですが これがまた塩がおいしくって…

これにごはんとアーサー汁をつけてもらっていただきました。
沖縄本島の居酒屋で食べた沖縄料理もおいしかったけど
ひとひねりして洗練された創作系のお味も とってもおいしくって大満足でした♪
posted by Shara at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

石垣島の思い出6

石垣島の離島桟橋から竹富島に行きました。
高速艇でおおよそ10分程度のクルーズで行くことができました。

目的は竹富島に住んでいるぽちさんに会うためです。

竹富島の離島桟橋から集落までは 歩くとけっこう時間がかかりますが
ぽちさんのオーナーさんがお迎えに来て下さったので ラッキー♪
ホントにありがとうございます。

2009022612.jpg

集落の中はこんな感じで 道は白く 石垣があって赤瓦のおうちがあって
水牛車がのんびり歩いていました。

2009022611.jpg

「おれの知ってるぎゅうと違う…」
そりゃ水牛だからね…


そして 念願のぽちさんとのご対面!
わんたろさんがハイテンションなので 私だけのご対面

2009022614.jpg

お〜い!ぽちさ〜ん(^^)

2009022615.jpg

「………………」
(^^;;;;;;;;;;;;;;;

おっとりしたとてもおりこうさんのわんこさんでした。

2009022610.jpg

竹富島の集落はこじんまりしていて
ハイビスカスとブーゲンビリアがいっぱいでした。
キレイだったな〜

2009022613.jpg

なんだか竹富島のシーサーはまた独特…
こうやって並んでいるとわんたろさんそっくりかも…
posted by Shara at 14:41| Comment(5) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

石垣島の思い出5

2009022417.jpg

ということで
わんたろさんを見習って
Sharaも撮影に挑戦…

2009022505.jpg

2009022506.jpg

「そうそう その調子…」
甲羅干しにいそしむ一太郎…

2009022507.jpg

「じゃ 服のまま水に入ってみる?」
という美流さんの言葉に 服のまま海で遊んでしまいました…
すっかりびしょ濡れです…(^^;;;;

2009022508.jpg

好きに動いて 好きに遊んでいるうちに
いろんな写真をたくさん撮って下さっていたようです。。。

そのころわんたろさんはというと…

2009022509.jpg

甲羅干しのまま爆睡…
おかげで鼻の周辺が日焼けしていました。。。
posted by Shara at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | りょこう | 更新情報をチェックする
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。