2009年03月15日

愛の才能

DVC00017.jpg

昨日までとは打って変わって 今日はお仕事。
働かないとお金にならないし、お金がないと好きなこともなかなかできないので
それはそれでいいとして…

午前中から 一太郎を迎えに、カフェにむかいました。
カフェではとても元気そうな一太郎が待っていてくれました。
お店のオーナーさんの話によると、おりこうさんというよりも
テンションが下がっておとなしくなっていたというのが正解だったそうです。
いつも お預かりに時には、「おりこうさんでいましたよ〜」
って言われますが、単純にテンションが下がっていただけのようです。
でも テンションが下がっていても、きちんと食事をとってぴっぴも問題ないというのは
とてもありがたいことだなと思っています。

一太郎を迎えにいったときにお茶を飲みながら
今日は“愛の才能”ということを考えていました。

最近なんとなく 恋愛上手と恋愛下手っているんだろうなって思うことがあります。
そして私自身は恋愛はあまりうまくないんだろうなと思うのです。
それは 素直じゃなかったり、甘えるのが下手だったり…
思い当たることはたくさんあります。

愛情の表現に才能なんかいらないって思うヒトもいるかもしれません。
でも 時折思うのです。
もっと上手に物事を伝えることができたり 器用に振る舞うことができたら
相手の負担も減るんじゃないのかな…と。
相手をイライラさせたり、無意味に傷つけたり
そんなことなんかないんだろうな…って思ったりするのです。

もちろん計算して演じるような振る舞い方がいいと言っている訳ではありません。
だけど 自分にとって大事なヒトを 必要以上にイライラさせたり
無意味に傷つけるのはどうだろう…と思うのです。

そこまで判っているんだったら 上手に振る舞うことができるんじゃないの?
そう思われるかもしれません。
それがうまくできないから 愛の才能ってのが巷にはあって
私にはそれが欠けているような そんな気がするのです。

自分以外の誰かと 何かを共有して過ごそうとするときは
本当は相手を尊重して 思いやって
いつも相手のことを考えて
そうやって接していきたいと思っているのに
実際の言動はそれに追いつかなくて、相手に誤解されてしまうということ
けっこうつらいな… そんなつもりじゃなかったのにな…
そう思うことがあります。
だったらその場で弁解すれば?と言われるかもしれませんが
それがまた 墓穴を深く掘ってしまう原因になってしまうというか…

つまりは不器用なのです。

今まではその不器用さをふまえた上で 気長にかまえて接してくれるヒトが
私の周囲にいてくれて それに支えられて今まで生きてこれたというだけなのです。
でも 最近 それに甘んじることなく 自力でもなんとかしたいよなと
そんなことをよく考えるようになりました。

不器用な私をそのまま認めて受け入れてくれるという存在は
とてもありがたいし とてもうれしいことだけど
それに甘んじることなく 自分自身でも もう少しなんとかならないのかな…
お茶を飲みながら ふと そんなことを思ったのは昼間のことですが
こうやって綴りながらも同じように考え込んでしまっている今夜です。
posted by Shara at 01:06| Comment(5) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

記念日

DVC00015.jpg


ここ数日 なかなか更新ができていませんが
日々の生活はそれなりに過ごしています。

今回は一太郎をお泊まりにして 佐世保の弓張の丘ホテルに宿泊してきました。
以前から訪れてみたかった場所だったのですが
どうしても佐世保となると ハウステンボスの方にばかり滞在してしまって
なかなか機会がなかったのです。
ちょうど他にも目的があったし ちょっとゆっくりしたかったので
ちょうどいい宿泊の機会になりました。

宿泊した翌日は残念ながら雨で 景色を楽しむということはあまりできなかったのですが
それでも 何となく今回のちいさな旅行は楽しくて…

とにかくゆっくりさせてもらいました。
先月沖縄に行ったばかりなのに 考えてみれば贅沢な話です。
いい意味での記念日にもなりました。

先月石垣島で 今まで外れなかった指輪がするっと抜けて
しばらく私の指は 指輪のないフリーな指だったのですが
今回 指輪がひとつ私の薬指に届きました。
指輪を贈られるのも久しぶりで 本当にどきどきしてしまいましたが
これもまたいい記念です。

これから先も ひとつずつ
記念日が増えていって 笑顔が増えていって…
そんな日々が続けばいいなと思いました。

posted by Shara at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

つないだ手

DVC00011.jpg

最近 1日があっという間に過ぎていくような そんな気がしています。
今までと同じ24時間のはずなのに。
普通に仕事をして 普通に眠って…
だけど とても1日がはやくて、できることなら このまましばらく時間が止まってくれたらいいのに…
と思うことばかりです。

アトリエに戻って 一太郎の脚をいつも洗うのですが
片足ずつお湯で洗ってぎゅっと水分をしぼるとき
なんだか握手をしているような そんな気分になります。
一太郎からしてみたら そんな風には思ってもいないのだと思いますが。
生きているものの体温を感じるとき なんだかとても安心します。

それは あったかいコーヒーやココアを飲むときのそれとは
ちょっと違うあたたかさです。

DVC00012.jpg

差し伸べてくれる手があって
導いてくれる手があって…
体感できる手のぬくもりがあって
体験はできなくても 心で感じることのできる手のぬくもりがあって…
生きていると いろんなヒトの手がいろんなものを生み出しています。

だから最近の私は思います。
差し伸べて導いてくれる手を見失わないように 離さないようにと。
そして 導いてくれる手が凍えるときは
私が今度はあたためて元気にしないといけないと。
そうすることで いろんなヒトのあたたかい気持ちに
素直に目を向けていくことができるんじゃないかな…

昨日の夜はそんなことを考えながら眠りにおちていったような
そんな気がします。
posted by Shara at 13:00| Comment(5) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

しあわせですか?

DVC00008.jpg

今日は昼間に I think so...の更新です。
最近データをアトリエに持ち帰ってみたり いろいろ不規則だったりして
すぐに眠ってしまったり のんびりしてみたくなったりして
更新が不規則になってきています。

どうもすいません。。

最近の私は 考えるところがいろいろあったりして
時折ぼんやりと考え込んでいたりします。
けれど それは決して後ろ向きなことではなく、これからを思い通りに生きていくには
今 何をすべきだろうか とか 今の思い描くことを具体化するにはどうしたらいいのか
なんてことを考えています。

今はまだ 生きていくことに制約の多すぎる身体だけれど
これからどうやればいいのか とか…

ひとりぼっちで考えるとどうしていいのかわからなくなってしまうけれど
最近は 相談できたりアドバイスをもらえたりしているおかげか
考えるだけ無駄かも…なんて思わなくなってきました。
自分自身のことだけれど 決してひとりだけの身体ではない…
そう思い始めたら なんだか無謀な仕事の詰め込み方も制御できるようになったり。

さっき ふと あるヒトから「しあわせ?」と尋ねられました。
考えてみたらいまの私はかなり幸せなのかもしれません。
もちろん今までも いろんなヒトに助けられて支えられて生きてきました。
だけど それは一方的に助けてもらっている感じで
こちらからは何もできなかったり 何かしようと思っても
相手にとっては それをするのは私である必要性がなかったり…

必要として必要とされる
このバランスがうまくとれているとき ヒトはいちばんしあわせなのかもしれません。
思って思いやって 励まして励まされて…
その必要性やバランスが とてもいい状態のとき
何となく あぁ こんな自分でも必要としてくれているヒトがいて
それと同じくらい 私もそのヒトのことが必要なんだな…と実感できたとき
ヒトはとてもしあわせな状態でいられるのかもしれない。

一緒に居てしあわせだと思ってみたり
一緒に楽しいことをやることがしあわせだと思ってみたり
しあわせの定規の目盛りはヒトそれぞれかもしれないけれど
今の私のしあわせの目盛りは どれだけ必要として必要とされているのかという
そんな目盛りでいろんなものを見つめているような そんな気がしています。
posted by Shara at 14:54| Comment(5) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

こぼれたものは…

今日は最悪な目覚めでした。
というのも 昨晩めずらしく発作におそわれて、
追加で薬を飲んでそのまま朝になったからです。
電話の約束もすっぽかして メールの返信も放り出して
何もかもが中途半端で
そのくせ 記憶のない中で話していた電話では
なんだか考えている風なことを話したようで
まったくもって無責任な言葉を発していたという…

なんて最悪だろう…
そんな朝の目覚めでした。

それから取引先に出かけて たまった仕事を黙々とこなしました。

夕方になんだかなりゆきで抜歯をすることになり
麻酔が切れた夜には とても痛くて…
アトリエに戻り しばらくうずくまっていました。

痛み止めが効いてきて かなりゆですぎたパスタを少しずつ食べつつ
いつも通りにサイトのチェック
そして ふと mixiのつながりのあるヒトの日記が更新されていたので
何となく読んでみることにしました。

……………
なんだか心の琴線にふれたような気がして
何となく読んでいいのか 読んではいけなかったのではないかと
そんな感情に陥りました。
その文章は 淡々と書かれていたけれど
ひどく切なく思えました。

そして次の瞬間 私は食べていたパスタを皿ごと床に落としてしまいました。
………………
ローテーブルから落ちたパスタとお皿
とっさに片付けなきゃと思ったけど 身体が動きませんでした。
それくらい そのヒトの日記が切なかったようなのです。
一太郎もめずらしく見て見ぬふりをしているかのように
全く動きませんでした。

こぼれたパスタをただ呆然と見つめて
なんともいえない気持ちになりました。

結局 そのあと電話で話して
私の考え過ぎだと言われました。
けれど やっぱり心の琴線にふれたことは間違いない訳で…

私からこぼれたのは涙だし あふれたのは気持ちでした。
大切なヒトからこぼれたのはいったいなんだったんだろう…
考え過ぎだといいながら笑ってくれていたけれど
どうしても その明るい声の向こう側を見たような そんな気がしました。
だれだって 心がふるえてこぼれ落ちそうになるときはあります。
できれば 大事なヒトの心から何かがこぼれ落ちそうなときは
何かの支えになれるくらい もっともっと強くなりたい
今夜はそんなことを考えてしまいました。
posted by Shara at 01:50| Comment(5) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

かわりつつあること

DVC00001.jpg

いつも通りの日常がはじまりました。
本当は昨日も仕事だったので あまり沖縄の余韻にひたることはできていません。
それでも ここに記事を綴るたびに、先週のことを思い出したりしていました。

最近 ちょっと自分でかわったなと思うことがあります。
なんとなく素直になっていってるというか…
変に意地を張らないでいられるというか…
ずっと今まで 何かを我慢して、耐えて ずっと涙を流すこともしないでいたのが
最近ぽろぽろと涙がこぼれたり すんなりヒトの意見を聞いてみたり…
もちろん 以前からヒトの意見に耳を傾けることはしてきたつもりですが、
なんかこう 素直に「あぁ…そうなんだな…」と思えたり 真剣に考えたり。

DVC00002.jpg

これまで 過去のいろんなことを抱えて
現状のいろんなことを抱えて
じっと耐えて 我慢していました。
何となく事実ということはわかっていても それを受け入れる勇気がなかったのです。
自分のマイナスな部分を認めたり受け入れたりするには
真剣にそれと対峙しなければできません。

だから 今までできなかったんだと思います。

でも なんだか最近の私は
仕事の時はさておき 普通に過ごしている時間のときは
自然に笑えるようになったような そんな気がします。
お茶をいただいていても 疲れたから休憩という気持ちが先立っていたのに
最近の私は お茶をおいしく味わいながらくつろぐということができるようになってきているような気がします。

できるならば このまま
ずっとこのまま素直で優しい心のまま
日々を過ごしていければいいなと
今夜はそんなことを考えています。
posted by Shara at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

星を探して

2009022701.JPG

あっという間の滞在でした。
アトリエに戻って いろいろやっていてこんな時間。
本当は記事更新をしたかったのですが ちょっと疲れているので
残りの記事は明日以降に更新したいと思っています。
だけど これだけは今日書いておきたくて 綴りはじめました。

2009022702.JPG

沖縄本島と石垣島の滞在
どっちもいろんな思い出があります。
だけど 生まれて初めて訪れた石垣島の美しさには衝撃を覚えました。
初めて見るのに まるで昔から知っているような
とても美しいのにどこかしらはかなげで それでいてしなやかで強い
そんな印象がありました。

ホテルでのんびりしたり 海をみたり…
そんな風にここ数日過ごして いろんなことに気づいたり考えさせられたり…

日々何かに追われて生きていて ふとひといきついたときに
うれしいこともかなしいことも常に分かち合える誰かの存在の重要性や
何気ない日常のささいなことを まるでプライスレスな贈り物のように思えるような
そんなことを 素直に話し合える誰かの存在が
ややもすれば流されがちな生活にブレーキをかけて方向を変える舵になるということ。
そんなことを思い知らされたような気がしました。

2009022703.JPG

滞在中に星を探しに誘われて出かけた日がありました。
流れの速い雲の切れ目から 満天の星空が顔を出したとき
星野数ほどの巡り会いの中で実際に深く理解し合うことのできる人というのはどれくらいいるんだろうと思いました。
巡り会いが巡り逢いにかわる瞬間というのは いったいどんな時なんだろう…
こぼれおちそうなくらいの星空を見上げて そんなことを考えてしまいました。

2009022704.JPG

私が石垣島を離れて数時間後 石垣島は雨がふりはじめて
今夜は星空は見えていないようです。

雨雲の上の空は見えないけれど だからといってそれに落胆するのではなく
天空の星が見えないのならば 地上の星を探せばいい…
いつだって 星は光を放っているのだから…
見えないことは そこに存在しないという意味ではないのだから
目の前の不安な雲に惑わされることなく 光を常に見失うことなく
ただ星の光を信じて生きていけばいい。

ひとりといっぴきの沖縄旅行は 生涯の糧になるような
強い光を放つ星を探しに行ったような旅だったな…
アトリエに戻ってきて 改めてそんなことを思ってしまいました。 
posted by Shara at 04:51| Comment(3) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

今日は朝から石垣島を撮影してまわりました。
今回画像なしです。
画像はあるのですが この地上の楽園と呼ぶにふさわしい景色を目の当たりにして
どれを使おうか迷ってしまったのです。

今 ホテルの部屋で、プチフールとトロピカルフルーツの添えられたプレートを食べながら
今日一日のことを考えていました。
飲み物はあたたかいココア とてもいい気持ちです。

今日 私のキーホルダーに鍵が一つ増えました。
ちょっとびっくりしたけど とってもうれしい気持ちになりました。
なんだか 鍵をもらうと、その部屋の鍵というより
相手の気持ちの扉の鍵をもらったような そんな気がします。

今日は 思い出に残るような1日だったような気がします。

最近 記事の返信ができていません。
旅行中ということがありますが、どうかご容赦ください。
posted by Shara at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

海を眺めながら

2009022212.JPG

高台にあるホテルの部屋から ゆっくりと朝が訪れていく様をみています。
沖縄はじめての夜は 異様な睡魔と緊張ですぎました。

以前から「いけたらいいな…」そう思いながら なんとなく描いていた沖縄旅行。
現実としていま 沖縄で過ごしていて、それでもいまいち実感がわいていません。
それでも こうやって仕事を放り出して出かけるのも たまにはいいものなのかもしれないと思っています。

一太郎も初めてのフライトで心配だったのですが
普通に過ごしてくれて ほっとしています。

今日は本島から石垣島へ旅立ちます。
本来の目的地は石垣島なのですから。

今日は何が待っているのか 楽しみでもあり ちょっと不安でもあり
そんな気持ちで朝を迎えています。
posted by Shara at 06:51| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

解放

image/cafe-de-light-2009-02-21T00:14:28-1.jpg

今日も1日ばたばたのまま過ぎました。

そんな中 少しだけ時間をとって実家に向かいました。
実家の庭の梅の木はもう満開で 水仙もつぼみがふくらんでいました。
ちょっとだけ庭を堪能して、それから久しぶりに両親とゆっくり話しました。
「少しゆっくりして これからの自分を見据えて考えなさい」
その言葉がとても心の奥にひっかかりました。

実家をあとにして 取引先に向かった訳ですが
あいかわらずの山積みの仕事。
みんな最近徹夜気味でがんばっているので 自分だけじゃないんだからがんばらないと…と言い聞かせつつ仕事をしました。
結局今夜も遅くまで仕事。

でも
なんだかひとつ片づいたような気持ちになりました。
久しぶりに 仕事を忘れてゆっくりしてみたいという余裕ができたというか…

ということで
明日からちょっと出かける事にしました。
もちろん一太郎も一緒に。
明日からのブログは旅日記になりそうです。
posted by Shara at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

爪先から春

image/cafe-de-light-2009-02-20T00:18:26-1.jpg

今日は更新ができないくらい しっかり仕事もやりました。
(更新してる日も仕事はやってますよ 一応…)
お昼間は診察
外来の診察室でDr.と会話をしたのは1月ぶりでした。
毎週病院には行っているのですが 緊急外来だったり時間外だったり…

久しぶりにDr.といろいろ話してちょっと安心して
それから取引先に行きました。

今日もけっこう遅くまで仕事だと思っていたら ちょっとしたラッキーなアクシデントで
夕方には仕事を終らせることができました。
せっかくの時間 久しぶりにショッピングモールに行ってみようと思い
車を走らせてちょっと郊外まで出掛けました。

平日のショッピングモール
それなりにヒトも多くて ちょっとびっくり。
そして あちこちのお店は春の準備がしてありました。
それを横目でみながらうろうろして 気になるものがあったらお店に入って…
いろいろ迷って買ってみて…

そして ネイルサロンに行って、いつもの指を春の色に変えました。
桜色の薬指の爪

最近忙しいけれど それでもとっても充実してて
いつもだったら 早く終ったら帰って寝ようと思うのに、
この頃とてもアクティブでいられる私。
なんだかちょっと胸を張って大きく深呼吸したくなる感じです。
飛行機が滑走路を離陸する瞬間のような気持ちが 最近の私の中に常にあります。

桜色になった左の薬指を見つめながら
なんだか1日1日 わくわくが待っているような気がするな…
そんなことを今夜は考えていました。
posted by Shara at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

過去と未来

image/cafe-de-light-2009-02-18T00:09:37-1.jpg

今日はちょっとだけ寝坊気味で起きました。
なんだかとってもよく眠った気がしました。いいことです。

仕事は相変わらず忙しく これは近い将来倒れるんじゃなかろうかと思うくらいの山積み。
例年だととても落ち着いているのがこの季節なのに。

昨日の夕方から寒いなと思っていたら 今日はすっかり冬に逆戻り。
一太郎もとても寒そうにしていました。

そんな1日だったのですが、帰りにふと過去と未来について考えました。

未来は思い描くことができるけれど 過去は変えられないんだよな…
ぼそっと口からそんな言葉が出てきました。
過去は振り返らない主義だというヒトもいます。
よほどイヤなことがあったのか よほど丁寧に生きてきたかのどちらかなのかな?
と 以前考えたこともありました。

現在というのは 過去があってはじめて成立すると言うヒトもいます。
確かにそうだと思います。

一太郎たちのような イヌは 未来という観念はないのだそうです。
過去と現在だけで生きていると思うと ちょっと楽しみがなくて
もったいないような気もします。
幸い 私達人間は 過去と現在と未来をもっています。

自分自身の過去 誰かの過去
過去の蓄積で現在があるというならば
未来は現在での想いの蓄積で形成されるのかな…
もし そうならば なりたい姿やなりたい状況を強く思い描くことが
いまいちばん大事なことなのかな…

仕事中にもらった1本の電話がきっかけで
今夜はそんなことを考えてしまいました。
posted by Shara at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

知恵熱

DVC00002.jpg

今朝は早起きで 少しばかり仕事をすすめて…
でも気がついたら うたた寝をしていました。

今日の九州は 昨日までの暖かさはどこへ行ったんだろうっていうくらい冷え込んで
阿蘇ではまた雪が降りました。
それで体調が壊れたのか それともいろいろと考えすぎたのか
夕方からとても熱っぽくなりました。

取引先の事務所の給湯室の片隅で うずくまっていたら
「あれ?知恵熱?」と言われました。

言われてみれば 最近いろんなことを考えているし
考えるような出来事もあったし 仕事にしても新しいプランを考えているし…
頭の使いすぎでショートしたと思われても不思議はないかも……
特に今月は なんとなく企画書だったりデモだったりのプランニングとかで
ゼロからの制作が多い上に
仕事以外の所でも ゼロからの構築が始まろうとしていたりして。

…………そりゃ知恵熱だって出てもおかしくないかも…
そんなことを言ってみたりしたら
「え?」
と言われてしまったので なんとなくお茶を濁してしまいました。

ゼロから何かをつくることは とても難しく
できたものに対して批判するという行為は とても簡単で…
仕事にしても対人関係にしても それは全く同じことだと思います。
いや
むしろ 仕事より対人関係の方が私にとっては大変かもしれません。
仕事は何となく 業績を挽回すればなんとかなると思う節もあったりして…
でも 対人関係は 一歩引かれると、なかなかその修復は難しく…
仕事の借りは仕事で返せるけど ヒトとヒトはなかなか…
対人関係がいい状態の時は 感情を感情で返していけばいいのかもしれないけれど
一方通行だったり どちらかに大きな負荷がかかっていたりすると
感情を感情で返す事は とりかえしのつかない事態をも覚悟しないといけません。。。

ってことは
ここ数年の私は 仕事に逃げていたのかな…?
いやいや 考えすぎ考えすぎ…

どうせ考えるなら 悲しい事より楽しいことの方がいい…
楽しい事をいっぱい考えた上での思考回路のショートだったら
それはそれでいいんだけど…
しかし熱っぽいのはつらいわけで…

今夜は早めに寝ようと思っています。
posted by Shara at 22:51| Comment(3) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

たおやかでありたい

2009021504.JPG

結局そのまま泣き腫して 朝になる頃にはすごい顔になっていました。
コンタクトも入らないし…
仕方なく眼鏡にして スーツを着てネクタイを締めて
鏡を見つめて自分の顔を両手で叩いて…

なんて顔だ…
ちょっと朝からげっそりしてしまいました。

泣いてもわめいても仕事は待ってはくれないから 時間通りに今日の現場へ。

そんな時に限って仕事は忙しく それでいて周囲からの評価はよくて…
結局感謝されて無事に終ることができたものの
なんだか心の中に重たい鉛のかたまりが入っているような1日でした。

今日は現場だったので夕方には仕事も終わり、そのまま病院へ立ち寄り
いつもより早い時間にアトリエに戻ることができました。
ブログの記事への返信やメールの返信を書こうとしたところ サーバが混んでいるらしく
なかなかアクセスができません。
そうか みんなこの時間はアクセスが集中してるんだな…
久々の当たり前の時間帯の生活に ちょっとばかりうんざり感を覚えてしまいました。

ソファーで転がって いろんなことを考えました。
でも 考えて何か結果が出るような気配もなく…
こんな時こそ自分のキャパシティが見えるものだよな…と ちょっとため息。

いつもたおやかでありたい
本当にそう思います。
そういえば 最近 この言葉を聞いていないなぁと思い返しながら
たおやかであることが どんなにすごいことかと思い知らされました。

あきらめとか ながされているとか
そんな風に誤解をするヒトもいるかもしれませんが
たおやかであるということはそんなことではないのです。

と 自問自答のように繰り返し繰り返し考えていたら
果たして私は自分の目指すような人間でいられるのかな…と
ちょっと不安になりつつも同じくらいの量で
ここで諦めてしまったら とても大事なものをなくしてしまって
また弱い自分に戻ってしまうという自分がいるんだよなぁ…
ということに気づいて 悶々としてしまいました。

結局いまだにブログにアクセスできていないので
お返事がさらに遅れるかもしれません。
posted by Shara at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

困った…

DVC00020.jpg

昨日 ふと思い立って 指輪をクリーニングしたいと思いました。
ボールペンのメンテナンスに出すついでにティファニーでこれもやってもらおうかと…
でも それが…抜けないのです…(^^;)

…………………
指輪を抜くべき時に抜けないかも…
っていうことは 指輪を抜く時期は指輪が決めるんだろうか…(^^?)

何をしても現状抜けないこの指輪
当分抜けないのかもね……はぁ………
私の時間は止まったままなのかもしれないなぁ…
posted by Shara at 18:56| Comment(3) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

涙の夜

今日は画像がありません。
ホントはあるのですが 加工が間に合いませんでした。

最近の習慣の夜の電話。
今夜 初めて電話口で泣きました。

泣いた理由は相手の言葉が痛かった訳ではなく
私の心の中のコップがいっぱいになって溢れただけでした。

どんどんコップに涙が溜まっていって 表面張力で持ちこたえていたのが
耐えれなくて決壊して どんどんとめどなく溢れるのが
まるで手に取るようにわかりました。

誰が悪いという訳でもない
ただ 自分の心のコップが小さかっただけ
現実を告げられたくらいで溢れてしまうちいさなコップしかないということが
とても自分でくやしくて
そう思ったら余計に泣けてきて…

罵られて泣く方が まだ涙の理由にもなっただろうに…
なんだかそんなふうに思ってしまいました。
それと同じくらい これから先 いろんな現実を目の当たりにして
涙が溢れないように 心のコップを大きくしないと…
そんなことを思ってしまいました。

今夜は 記事の更新も止まったままだし
お返事も書いていません。
ごめんなさい 
明日にはきっと涙も止まるはずだから そうしたらまたお返事書きます。
posted by Shara at 03:08| Comment(4) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

気がついたこと

DVC00014.jpg

気がついたらこのブログが3年目に突入していました。
どうも先月末から 振り返る時間もないくらいのばたばたで…

今夜は春の嵐
窓の外で雨が窓を叩く音がひびいています。
昨日のお茶の時間に撮った写真を眺めながら ぼんやり考え事にはちょうどいいものです。

今日はなんだかばたばたで
私がばたばたしていた頃に 遠くに離れているヒトもばたばただったらしく
仕事のあとに電話で互いのばたばた具合を話しました。
異業種でも多忙な時というものは状況的には似ているらしく 互いのばがばた具合を妙に納得しあうような内容でした。

ブログを始めた頃には考えられないような状況です。

あの頃はなんだか いろんなことがありすぎて
ホントにいろんなことがありすぎて…
そう思ったら なんだか過去の記事を見たくなって、以前の記事を順番に読んでいきました。
どんどん読み進めていくうちに、書き綴っている文章が変わっていくことに気づきました。
それは 1日の終わりに振り返る事柄であったり、着眼点であったり
恋愛観であったり…
それによって文章の形態を変えていく様がとてもよくわかりました。

やっぱり無駄ではないんだな…
何もできずに停滞したまま日々を過ごしていたここ数年
毎日を1日の最後に振り返り ただただ綴っていったものを
まとめてこうやって見ていると
ここ数年の停滞と思っていた時期は 決して無駄ではなく
停滞とおもっていたことも ゆるやかな動きだったから気づかなかっただけなんだな…
今夜はそんなことを実感してしまいました。
posted by Shara at 00:41| Comment(6) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

安心

DVC00017.jpg

ここ数日 仕事はめまぐるしいけど
気持ちは安定しています。

それは もちろん自分だけの立ち回りではなくって
周りの環境や人が私の安心になってくれているからです。

お茶を飲みながら そんな人のことをゆっくり考えました。
考えていたら ほんとに仕事の合間の一服だったけれど
とても元気になりました。

がんばってって言ってくれる人がいるから がんばっていられる
これってかなり重要だなぁと 今もそう思いながら書いています。
posted by Shara at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

空回り

2009021001.JPG

最近 空回りしている自分がいます。
今日も仕事はいつも通り いつものように仕事をして でも午前様になることはなく
無事に戻ってきました。

でも 空回りしてる自分がいました。
何に空回りしていたのか 最初はわからなくって
これじゃまるで 恋にどきまぎしている中学生のようだなと思ってイライラ…
中学生って一体どんだけ過去のことか…
そう思ったらちょっとため息。

いつも仕事はできぱきとできないと嫌いで
同じペースで仕事ができない人とは組みたくもなくて…
そんな自分だから 仕事に厳し過ぎると言われてみたり
実はとても冷たいんだねって言われたり。

だから ちょっとこの久々の狼狽ぶりは、自分でも面白くあり
同じくらい落ち込んでいたのです。

2009021002.JPG

基本的に私は人が思うほど器用ではなく
本当はとても不器用で、何をやるにも人より時間がかかって…
だから 人より仕事で上をいくには 実はものすごく時間を消費していて…
だから1日の大半が仕事関係になってしまうのだけど。

でも 本当は不器用な自分も自分自身であるから
それを誰かに認めてもらえるということが こんなにうれしかったり
気分が楽だったりする訳で…

今までは 私の表面のキャリアだったり、やっていることに興味を持たれることが多かったのが正直なところでした。
東京で仕事していた時も 私が第一線から退いてから離れていった人もいました。

だからそれも重なって いろんなことで空回り。
私の悪い癖。
そんな悪い癖も 許してくれるような
長い目で見てくれるような
そんな人に出会えて包まれたら きっと空回りも少なくなるんだろうなぁ…
今夜はそんなことを考えています。
posted by Shara at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

自然体

2009020901.jpg

今日も何かとばたばたな1日でした。
ただ いつもと違うのは 今日は22時過ぎにはアトリエにいたということ。

おかげでのんびり過ごせました。
記事更新もいつもより早いし。

帰ってから1時間ほど電話で話をしていたのですが 電話を切ってぼんやりして
ふと 自然体ということを考えました。

自然体って理想的だけど 実践するのはなかなか難しいよなぁ…
そもそも自分にとっての自然体ってどれなんだろう…
そんなことを考えました。

毎日起きて仕事して 時々病院に診察にでかけて 帰って眠る…
ある意味これも自然体の行動なのかもしれません。
ですが 朝から深夜まで動き回っているこの私の生活サイクルは
おそらく自然体ではないような そんな気がしています。
以前も話したことですが 私の担当Dr.は1日3分割を推奨しています。
8時間以上の睡眠 8時間以内の仕事量 8時間程度の自分の時間
今の私にとって とても必要なことなんだそうです。
でも なかなか実践できません。
どうしても16時間は何らかしらの仕事をしているような気がします。

だけど 今日の私は めずらしく8時間程度の仕事でした。
電話で話している時も 特別無理をすることもなく とても楽しく話をしていました。
一太郎も今は傍でぐっすり眠っています。

多分今のこの気持ちが自然体で
こんなふうに 夜に自分の時間がとれて 夜中のうちに眠ることができるのが
本当の自然体なのかな…
今夜はそんなことを思いました。
posted by Shara at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。