2012年08月29日

今更…

_DSC1242.JPG


先日仕事で訪れた街の喫茶店の片隅に
クラシックタイプライターが置いてありました。
センスいいなぁ…と思いながら写真を撮りました。


ここ数日、精密検査の結果を眺めて
ため息をつく日々でした。

15年以上前の事故の影響が今頃出てきた可能性も
全くゼロではないと知った時に、
どうして今更…と 真っ先に思いました。

頭部強打眉間裂傷
急所をケガするということが、こんな不安に繋がるとは
考えてもみませんでした。


あの頃は 何も恐いものはなかった
今はどうだろう?
そう考えた時に、
正直なところ、恐い気持ちがたくさんだと気がつきました。

今はまだ死にたくない
そう思う理由は 実はあって、
新しく信頼できる人間をもっと増やしたいという欲があるのです。
ここ数ヶ月で、身近にいた人が手のひらを返したような態度になって、
おまけに、自分を踏み台にして人間関係を構築している人間が普通に生活をしているのを知って、

別に去っていった人間には何の未練もないけれど、
人ってけっこういいもんだよね…
と もう一度思えるような人達に出会いたいと思っているのです。

人が自分から去っていく時には
もちろん自分にも非があるからだと思います。
それは重々承知です。

自分は何もしてないのに…
なんてこと思ってはいません。

なので、ただ単に
もっといろんなヒトと出会いたいし
いろんなことを試したいという欲が出てきたのだと思います。

あの頃は何も恐くなかった
それは若かりし故のことだったのかもしれないし、
失うものがないと錯覚していたのかもしれません。
今は、無鉄砲さがなくなってしまったのかもしれません。

知ってしまうとしんどいな…
そんなことを思っていたら、ちょうどこのタイプライターと出会ったのです。

最初の持ち主は誰だったのか…
旅行好きなご主人のコレクションのひとつらしいこのタイプライター
きっと いろんなヒトの手に渡って、日本に来てしまって
喫茶店の片隅にいるということなんて、
タイプライターだって想像していなかったに違いない…

人の一生もまた 誰も分からないように
ずっと川にたゆたったまま 流れて流れて
どこかにたどり着くというのならば

私はどこに向かって流れているのだろうか…


検査結果のたった2枚の紙を見つめて
ここ最近 そんなことをぐるぐると考えています。


posted by Shara at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289028559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。