2012年07月15日

手の中で…

お盆のお墓参りに行けなかった。
といっても、毎年行っている訳ではない。

ひとりでじっと考え込んで、心の中で手を合わせるくらい

今年は、川が氾濫して
お盆どころではなかったというのが
正直なところかもしれない。

幼い頃からの思い出の詰まった場所の川が
思いもよらぬカタチで牙を剥き
右岸一帯を呑み込んだ。

親戚の家も友人の家も呑み込まれた。
先祖を迎えるどころではない状況で
今日もたくさんの人が 何かできることはないかと
被害にあった各家を訪れていたそうだ。

「そうだ」というのは
実際私がそこに赴くことができなかったからだ。

福岡も佐賀も大分も被害がすごかったようだ。
大好きな柳川も、水郷の町だから
きっと被害はすごかっただろう…

それでも、これだけの大きな災害で
命を落とされた方が全くいない訳ではないけれど
それでも なんとか命が残った方が多かったのは
お盆でご先祖様が傍にいてくださったからなのかもしれない。

なにもかもなくなって 命だけ残ったところで…
私はそう思うかもしれないけれど、
きっと 私の友人はそんなことはないだろう。

前に進む力ってどこから湧いてくるのだろう…
そう思っているうちは、きっとわからないんだろうな…
そうやって考えてみたら 自分はとても弱い人間だ。
何かから逃げている訳ではないけれど
思いっきり立ち向かっている訳でもない。

隣の芝は蒼く見えるとは言うけど
それはきっと違う。
ホントに蒼いんだと思う。
そんで、そういう努力を日頃から行っているのだと思う。

棚から牡丹餅という言葉があるけれど
ホントに棚ぼたなんてことはない。
棚ぼたにあやかっている人は
日頃から、いつも自分の上にぼたもちが落ちてくるような
入念な手回しや気遣いをしているものだ。
それでいて、棚ぼただねって人にいわれると
ホントに棚ぼただったよって言って、ひけらかすことなどしない。

世の中なんてそんなもんだと思う。

そう思いながら、
お線香に火をつけて手を合わせる。
今日はそんな日だった。

合わせた手の中には
昔、おばあちゃんが作ってくれた
小豆入りのお手玉がぽんっと授けられたような
そんな錯覚を覚えた。
posted by Shara at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
またSharaの文章を読めて幸せです。
私自身、ブログは時が止まりっぱなしです。

またお会いできてうれしいです。
また遊びに来ますね。
Posted by nokonoko at 2012年07月16日 21:19
小豆入りのお手玉は
きっとおばあちゃんが届けにきてくれたんだね
Sharaちんの優しさがしみました
誰かを想う気持ちは
とてつもなく大きな力のような気がする

Posted by とんぼちん at 2012年07月17日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。