2011年03月20日

所詮愛玩でしかないのだろうか…

東日本が被災して1週間。

まさかこんな大きな災害が起こるなんて思っていませんでした。

そして、被災した犬猫やその飼い主が
窮地に追い込まれていっています。

もちろん災害が大きすぎて、
人が生きていくだけでも精一杯の状況です。
最初は「おたがいさまだから…」と
避難所でも黙認されていた犬猫も
1週間も経過すると状況が変わってきているようです。


私は、初代 二代目ともに
愛玩として迎えた訳ではないし、
初代は本当にヘルパー犬として、よく私の生活の手助けをしてくれていました。
二代目は、まだまだですが、
それでも彼なりに、私のことを支えてくれています。
身体表現性障害のある私にとっては
なくてはならない存在です。

日本ではやはり犬猫は所詮愛玩でしかないのか…?
飼う 飼われる の関係だけでしかないのか…


いま、私にできること
私なりにやっています。
小さなことだけど がんばっています。
http://cafe-de-light.muse.bindsite.jp/

犬猫と生活していた人にとっては
人間じゃなくても「家族」
しかし、世間一般ではまだまだそんな認識は遠いようです。

各地で犬猫を手放さずに被災した人が避難できるように
みんなが少しずつがんばっています。

私も 犬と生活しているひとりとして
できることをやっていきたいと思います。

金がある人は金を 力のある人は力を
何も持っていない人は元気を出せ

最近 あちこちのブログで見かける言葉です。

日本は、犬猫を食べる時代は終わった。
犬猫を残飯整理に飼うことも終わった。
ファションとして飼うことも終わりにしてもらいたい。
災害救助犬 盲導犬 聴導犬 介助犬 ヘルパー犬 セラピー犬
仕事を持って活躍している犬もたくさんいます。

もし、この記事を見てくださって
少しでも協力してくださる方がいらっしゃるならば
力を貸してください。

よろしくお願いします。

posted by Shara at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Best Partner | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースで、津波が落ち着いて、
がれきとなった家にかけより
真っ先に犬を抱きかかえにいった人がいました。


でも今5歳の子供や幼い子供が餓死してる状態です。

まわりを見てもなかなか愛犬を優先できる状態ではないのではないでしょうかね・・・?

満足に愛犬の世話をしてやれない飼い主は
いてもたってもいられないでしょうね。
とてもつらい状況だとおもいます。
Posted by sanae at 2011年03月21日 13:30
ご無沙汰してます。
難しい問題ですね。命の大切さは、変わらない。
でも、人が優先されてしまう。どうすれば同じようになるのでしょうか?
心に余裕のある状態じゃないのが一番の原因だと思いますが。
難しいし、辛い状態です。
Posted by たびっち at 2011年03月22日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191616493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。