2010年04月14日

約束の場所

2010041404.jpg

少しずつ 少しずつ
たくさんの方々の励ましのおかげで
なんとなくではあるけれど 日々を過ごしています。
本当に 実際にはお顔を合わせていない方々にも支えられ
毎日を過ごしています。

私も彼も溜まっていた疲れが今頃一気に出たのか
今日は二人で調子が悪い1日でした。
今まで気丈な姿だった彼
一太郎と出会ってちょうど1年過ぎたばかりだったのですが
それでもやはり 辛いことには変わりないようです。

一太郎を迎えるとき
人間の都合で命を買うヒトとはつきあえない
そう言われたりして悩んだ日々もありました。
そして今
命を自分の都合でもてあそんだと言われることもあり…
そうなのかなぁ…
確かに 毎日の生活を助けてくれていたのは事実で
一太郎がいなければ 普通の生活は難しかったのも事実。
普通のペットは ただ好きに過ごして
ひたすら飼い主に癒しを与えればいいだけなのに
一太郎には それ以上の仕事がありました。
それがいけなかったのだと言われたとき
私は そのメールになんと返事をしていいのかわかりませんでした。
反論できませんでした。
そして 今も やはり
その言葉がガラスの破片が刺さったみたいに
とても痛いのです。


昨日 夢をみました。
ぱいぬ島で見たような 青空にかかる大きな虹
その袂には小高い丘があって
一太郎が笑っています。
一太郎の他にも たくさんのわんこやにゃんこたち…
昔 虹の袂を追いかけて
自転車でどこまでも追いかけていたなぁ…と
そんなことを思っていたら
一太郎が私のところに走ってきて
小首をかしげながら えへっと笑っていました。
そして 私の足許で くねっくねっと転がって。

一緒に虹の橋を渡りました。
そんな夢をみました。

きっとあそこが約束の場所なんだろう…
あったかで 空も海もキレイで
足元の緑はやわらかくて
心地悪いものなどなにひとつない場所。
安心して草も食べれて、転がって遊んでも痛くなくて
ヒトも犬も猫も みんなしあわせそうで…

私の“その日”がくるまで
そこで一太郎は待っているような気がします。
その日がくるまで
約束の日がくるまで
約束の場所で待っていてくれるような
そんな気がします。
posted by Shara at 22:02| Comment(17) | TrackBack(0) | Best Partner | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしもブログでももの戦いの記事を載せたあと・・・
いろんな言葉が心に刺さりました
優しい言葉も頂いたけど、非難する言葉も・・・
だけど、ももがあたしに向けていてくれた笑顔は幸せそのものだったんです
あの子の笑顔しか浮かんでこないんです
癒し以上の仕事があったとはいえ・・・
わんたろうちゃんがsharaさんに向けていた表情も愛情に溢れていたんじゃぁないですか?
まだ一週間・・・
でも物凄く長い一週間ですよね
いろんな思いがぐるぐるしてると思います
どうか、どうか、後悔の気持ちから抜け出せますように・・・
Posted by うめもも。 at 2010年04月14日 22:42
sharaさん
わんたろうさん、きっと虹の橋、無事に渡れたのですね。

お辛い気持ち、すぐには癒えないと思いますが
ゆっくりゆっくり本当に少しずつ前に進んでいってくださいね。


ネットの向こうでみーーーーんな応援してますから安心してくださいね。



“約束のその日”はまだまだまだまだ先ですよ。
Posted by sana at 2010年04月14日 22:44
あー、また泣いてしまった(T_T)

Sharaサマ☆
ワタシには月並みなことしか言えないけれど
Sharaサマのわんたろうさんへの愛情は本物だと思います。
それはブログを読んで、一緒に泣いたみんなは同じように感じていると思いますよ

それでいいんじゃないかな?って思います
わんたろうさんはきっとシアワセだったと思いますよ。
絶対!いつもとてもいい顔していたもん

Posted by コテツさんちのともち at 2010年04月15日 00:08
Sharaさん(^ー^)ノ゙
え〜。頭悪い僕ですが、個人的に思っている事を書きますね。。
一番やっぱり感じてあげたいと思ってるのは、一緒にいる『愛犬の気持ち』なんですよね。
他の皆さんは、自分の愛犬をどのように思い、接しているかは分かりません。
それは自由だと思うんです。それを拒否したり文句をつける権利はどこにもない訳で。
ちなみに、sharaさんは、愛犬を蹴ったり、殴ったりしましたか?…そんな酷い事するわけありません。皆さんが、分かってくれてる事です。どれ程にsharaさんとボス、周りの皆さんが愛情もって可愛いがっていたか。。
犬は、、昔から『人の為に生かされる事が何よりの幸せ』と言われてます。
わんたろくん、他の子よりも若くして逝ってしまったけど、凄く幸せだったと思いますよ。
めったにできない経験が、彼を大きく成長させたのだと思います。
人は、何かにつけて、妬みや、憎しみを持ったりする悲しい生き物です。
いちいち惑わされては、、身体が持ちませんよ(^ー゚)g
何億と、色んな人がいるんですから。
大丈夫。大丈夫。大丈夫。
ゆっくり休暇をとって、ぼちぼち上向いて、また考えたらええじゃないですか☆
Posted by 野p at 2010年04月15日 00:55
支えられてるのはSharaちんばっかじゃないよ
とんぼちんはSharaちんに支えられてます

誰が何と言おうと
Sharaちんを助けてくれたのは
他の誰でもなくたろちんなんだから
たろちんに出会えてよかったと思えれば
Sharaちんのとこへ来た意味があったのだと
たろちんはそう思うんじやないかな
結果が証明してるよ
間違ったことはしてないって(^^)
Posted by とんぼちん at 2010年04月15日 08:15
こちらには〜初めてコメントします♪

だれか・・・悲しんでいるsharaさんに・・・とてもつらい言葉をかけた方がいるようですが・・・
そんなことないですって!!
絶対!いっぱい!いっぱい!幸せだったと思うから〜
それに・・・今もsharaさんのそばにずっといると思いますよ(^^)vわたしも・・・そうやって・・・そばにいることを感じながら〜つらい時を乗り越えてきたから♪♪
(ご飯〜食べてくださいね♪何があっても・・・食べないとね♪・・・わんたろさんが心配してるわ〜)
Posted by カプママ〜 at 2010年04月15日 09:38
野Pさんが言われているように、ワンコは人の為に働く事が喜びというのを聞いた事があります。
ワン太君はSharaさんを支えて、元気にできて、Sharaさんの笑顔を見るのが何よりの喜びだったと思います。
それにワン太君のお陰でたくさんの輪も広がっただろうし。
それはワン太君とSharaさんにしかできなかった事。とてもすばらしいものをワン太君は残してくれたと思います。
ワン太君はSharaさんと一緒にいてとても幸せだったと思うし、誰が何と言おうと、ワン太君が幸せだったと思っていたという事が大事だと思います。ワン太君がSharaさんを慕っていた、イコール、ワン太君はSharaさんといて幸せだったという事です。

ワン太君、虹の橋で楽しそうだね。
ずっとずっと先の事になるだろうけれど、いつかは国境もなく、みーんな一緒に遊べるんだろうね。

あと、私が昔飼っていた愛犬が亡くなった時、私もものすごいショックで、遺灰をペットのお寺へ持っていくのを長い事ためらっていたんです。
そしたらそこの住職さんが、飼い主さんがいつまでも気持ちを引きずって悲しんでいると、なかなか成仏ができないと言われました。
もちろんまだワン太君が天使になって、日にちがそんなに経ってないからいいだろうけれど、しばらくしたら、ワンコのお寺に遺灰を持っていった方がいいのかもしれません。
とっても辛いですが・・・・。
Posted by ミッフィー at 2010年04月15日 10:14
実際の一太郎さんを見ている人なら
そんなことは言わないと思います。

一太郎さんはちゃんとお仕事も、甘えることも
出来ていたと思います。

ワンコはお仕事でもボスからの命令を全うできた時には嬉しく思うような生態ですし

もし、お仕事で我慢していたとしても、
ランとかでお友達に会って遊んだら
ストレスは取れちゃうと思いますし。

普通のペットと言われるような
過保護で甘やかしてばかりいるのは
ワンコの生態から外れていますし
無駄吠えや言う事を聞かないワンコになってますよね?

ボスが居ないのでワンコが頑張って群れ(家族)を守っている。
その方がワンコの気苦労は絶えないと思いますょ?

ワンコを人間の子供扱いして、甘やかしてばかりいる方がよっぽど人間のエゴだと思います。

前にも書いた海外の盲導犬のお話、
御主人をきちんと家に送り届けて
ク〜ンとお別れのあいさつをして
やり遂げた、満足した顔で無くなったそうです。
Posted by Nao at 2010年04月15日 11:49
Sharaさんにコメントを送るのは初めてです。
スシの同居人のおんちゃんです。
人それぞれに幸せの形が違うように、愛する者への接しかたも違うと思います。
そして誰も間違っていないことは、あなたが「幸せ」を感じること。それは家族にとっても幸せであるということだと思います。
きっとわんたろうさんもそう感じていてくれたと思います。

お骨もSharaさんの納得のいく形にしておけばいいのだと思います。
Posted by おんちゃん at 2010年04月15日 12:06
うちもボストンテリアと暮らしています。
一太郎くんのご冥福を祈ります。

「もてあそんだ」かどうかは、最終的に本人同士(一太郎くんとsharaさん)がどう思って一緒にいたかだと思う。

そして、一太郎君の写真の載ったこれまでのブログや、こうして悩んでいるSharaさんの姿を見て、僕にはその関係は「家族」にしか思えない。

でも、僕は仮に自分が死んだことで、「家族」がいつまでも悲しみに暮れていたら、笑顔で逝けない。

いま一番大切なことって、Sharaさんが一太郎君の死から「何か」を感じて、学んで、受け止めて、そして心の中でその「何か」を大事にしてあげることだよ。
きっと悲しむことでも、悩むことでも、誰かと言い争うことでもない。

Sharaさん、応援してます。
Posted by 通りすがりのボストンテリアの父 at 2010年04月15日 13:08
私もみなさんが言うように、わんたろうさんは幸せだったと思いますよ。夢に出てきたわんたろうさんの笑顔がその答えだと思います。

犬は飼い主のことをちゃんと見ています。
いつも飼い主の様子を伺って、いつも飼い主の気持ちを汲み取ろうとしているんです。
わんたろうさんは、Sharaさんとの信頼関係があったからこそ、かけがえのないパートナーとしてお仕事ができたのではないでしょうか。

Sharaさんの深い愛情はわんたろうさんにもちゃんと伝わっていますよ。だって、いつも本当に表情豊かにいい顔してたもの。

大切な家族との別れはそう簡単に癒されるものではないと思います。
私はこうやってコメントすることしか出来ないけれど、ほんの少しでも支えになれたらと思っています。
Posted by Mahaloha at 2010年04月15日 14:01
sharaさん、いきなりすみません。一太郎の写真を見るたびに一太郎とsharaさんに逢った時の事がフラッシュバックします。
「命をお金で買う」「人間の都合でもてあそぶ」愛犬家の方々はそのような考えや思いは、考えたり思ったりしないと思います。一生懸命愛情を注ぎ家族の一人とし、sharaさんと共に歩いた一太郎は、短い人生だったけれど、幸せで楽しかったと思います。人の考えや思いじゃないですよ!sharaさんと一太郎!一太郎を愛してたsharaさん!変な事考えると一太郎が怒りますよ!
また、おいしいご飯作ります。
Posted by 山ちゃん at 2010年04月15日 19:07
そんな酷い事を言う人がいることに驚きました。
かわいそうに…
どんなに傷ついたことか…
誰が言ったかわかりませんが、そんな言葉気にしちゃダメです!!!
きっとわんたろう君もそう思ってますよ!!!
Posted by 愛息 ケン at 2010年04月15日 23:49
どんな理由で家族になったとしても注がれていた愛情に変わりはナイデス!!!
それにバディって本当に信頼しあった関係にしか与えられない呼び名デス!!!
sharaサンがわんたろサンに、そしてわんたろサンがsharaサンに、愛情を持って一緒に過ごしてきた時間は沢山の写真や文章から出会って間もないワタシにも伝わって来ますョ。
Posted by ACO at 2010年04月16日 18:53
一太郎君がそんなことになっていたとは・・・
やはり、別れって辛いですよね。。。
Posted by タミリン at 2010年04月17日 17:39
 ちょい駆け足すぎたけど、幸せなワン生やったさ!バイバイ わんたろうさん!
虹の橋は渡ってしまっても  sharaさんへの夢の橋はずっと繋がっとぉけん 笑顔のわんたろうダッシュ! かまさんばよぉ〜!
Posted by 松盆 at 2010年04月18日 17:13
ここ最近、まともに家でパソコンを触っておらず
いつも携帯で日記を書いたりしていて
Sharaさんのブログをしばらく見ていませんでした・・・

最後にみたのは一太郎君のグッズ紹介で
かわいいかぼちゃの上にわんたろさんが大口あけてる記事。

いいなー。ほしいな!とかおもってしばらく月日が流れて、
何気なく過ごしていてSharaさんが
今日書いてくれたコメント見て
はじめて知りました。一太郎君が亡くなった事を。。
本当に、心からご冥福をお祈りいたします。
気づくのが遅すぎて本当に申し訳ないです。
いつかお会いしたいとおもってました。
前福岡にいたとき会おうと思えば会えたのに。


Sharaさんの身に起こっていることもあまり知らなく、なんだか大変なことが起こっていそうな感じで、

ただただびっくりしました。

Sharaさんが心休まる時間が過ごせるといいな・・・と思います。
Posted by sanae at 2010年04月29日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146541599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。