2010年01月31日

ツンダミ

2010013102.jpg

今日は久しぶりに青空を見ることができて
気温は30度近くまで上がったけど 風は涼しくて
気持ちいい1日でした。
でも 夜になって、今ではすごい雨です。

少しでも病気を治して これからでも生きていくための糧を探しに旅に来ていて、いろんな気づきがあったりしています。
だけど 本当のところ、もやもやすることもあったりします。

新しい所にいるということは、戻ったときに自分の居場所がなくなっている可能性は大きいということ。
特に仕事に関してはそれは大きいと思います。
特に私の今までやってきた仕事は、特殊技能職で、時として自分は歯車の一つに過ぎないと痛感させられる時もしばしばです。
今年は多分舞台の仕事は さらに激減すると思います。
これだけ九州を離れていれば当然の話だと覚悟はしていましたが。

今までそれしか仕事をしてきたことがなかったから
今までの仕事に誇りを持っていたから
テレビを見るたびに 知っている名前を聞くたびに
自分は脱落してしまったんだとやはりどこかで思ってしまいます。

2010013101.jpg

だけど 本当はそうじゃなくって
新しいことに足を踏み入れる大きなチャンスなんだ
ということも充分に承知しています。
それに 身体的にこれ以上業界の仕事を続けられるのも困難だということも 自分の頭ではわかっています。

昔の話
すべては過去の功績であって
今は何の役にも立たない。

ぱいぬには 名前のない花や植物がまだけっこうあるそうです。
図鑑に載っていない 昔からあるけどなんだかわからない草花。
一太郎との散歩のときに目にするかわいいピンクの花
調べてみたけど「葉牡丹の一種」とまでしかわかりませんでした。
名もない花。
今の私もそんな感じです。

心の中の調律がうまくできてないのがよくわかります。
内地にいたら間違いなくDr.に相談しています。
ここ2ヶ月、Dr.とは電話診察を月に一度のペースだけ。
それを知ってか知らずか、「大丈夫?」というメッセージやメールをよくもらうようになっています。

三線や島楽器の調律をして音を合わせあうことを「ツンダミ」というのだそうです。
ツンダミがなってない…
心の中のツンダミが全くなってないさぁ〜
って言われそうなくらい。

こんなにいい環境にいて いろんなヒトに守られて
ゆっくりゆっくりでいいからって言われて
それでもなかなか快方にまっすぐ向かわないのは何故だろう…
名もない花を見ながら
名もなき花には存在の理由があるのか
たとえ名前がなくともそこに存在する限り意義があるのか
到底答えが出そうにないことを 夕暮れ前に一太郎と道端にたたずんで考え込んでしまいました。
posted by Shara at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天気は悪いですが、かなり寒い東京です〜
お体ご自愛ください〜
Posted by アロマハート at 2010年02月03日 18:01
忙しさにかまけて、昨年Sharaの日記をあまり読まない時期がありました。
久しぶりに来たときに、九州を留守にしてるのかなって思っていました。

仕事やキャリア、人生に於いて目標だったり一つの指針にはなると思います。
そして重要な部分でもあるとも思います。

だけども、それよりも大事なことは、その人にとっての心と体の健康です。(病気をしていても、その人なりの満足感、充実感などがもてると言う意味も含めてです。)

こういう私も、生きる意味、人間の存在の意味・・・。答えの出ない迷路に嵌ってしまっています。
だけど、名前がない花でも誰かの気持ちをいやしたり、綺麗だなって感情を起こしたり出来るんです。
それはそれでとても素敵なことな気がします。
一生答えの出ない謎、人生謎だらけですが、人生に無駄はないって信じている私も存在しています。(そのように私が今感じています。)

なんだか、言いたいこと沢山書きました。
ゆっくりしましょう。
Sharaのこと、ずっと好きだし、素敵な写真や言葉で癒されています。ありがとう。
Posted by nokonoko at 2010年02月04日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139900775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。