2015年04月25日

日々を丁寧に…

2015042210.jpg

今年に入って、目が回るほどのいろんなことがあって、
まぁよくこんな短期間にいろんな経験をしたもんだと思います。
そして、時折連れ出してもらって、特別何も話さず 特別何をする訳でもなく
ただただ景色を眺めている時間というものが、とても貴重で大切なものになりました。

面白いもので、そういう時というのは、とても夕日が美しかったり
出向いているときは雨でも、急に雨が上がって陽が射してきたり、
月がとてもきれいだったり、朝焼けがとても美しく雲海が薄紫に染まったり。。。

「その人と一緒だからこそ、すばらしい世界が見えるのですよ。
他の組み合わせだとその景色は見られません。
その人と他の人では見れないし、他の人とあなたの組み合わせでも見ることはできないのです。
相手を思いやることを忘れず、恐れることなく共に進んでいけば
もっとすばらしい世界が待ち構えていますよ。大丈夫。信じて進みなさい」
今日、ある方がそんなことを言いました。

たくさんの奇跡的なことやきれいなものを共有しながら
その先にあるすばらしい世界ってものが何なのか知りたいな…
そんなことを思ってしまいました。


posted by Shara at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

寝て考えること

とってもとってもご無沙汰にしておりました。
といっても、書くことが何もなかった訳ではなく。。。
むしろたくさんありすぎて…

結局かけずじまいだったという話です。

こうやって久々に自分のことをゆっくり考えるのが、療養中ってのも皮肉な話ですが、
ゆっくりと考える時間をもらったと思うようにして、最近を過ごしています。

この世の理というものは面白いもので、必ずすべてに意味がある
その理を外れてでも何かを成し遂げるということに意義を見いだすというものは
人の驕りのようなもの
結局は、人の及ばないところの理に常に見つめられている
他人に胸を張って言えないようなことを慎む
何か大きなことをしなくとも、それだけで充分なのです

先日、そんなことを言われました。
似たようなことを友達にも言われたことがあります。
確かに、人に迷惑をかけないとか、胸を張って言えないことをするなとか
昔からいろんな人が普通に教えてくれていた気がします。
もちろん、生きてたら言いたくないことや隠し事のいくつかくらいあります。
でも、それで誰かが迷惑をしたり悲しんだり周囲が後ろ指をさすようなものではない訳で。。。

そう考えたら、まぁまずまずの生き方ができているのかなぁ…と思いました。
もちろん欲を出せばキリがないし、もっと親孝行のひとつでも…なんてことは
本当に言い出したらキリがないのですが。

とりあえずこの安静期間を無事に終えたら、何か動きたいな…
動く時には、先日言われた言葉を忘れないようにしたいな…と
そんなことを考えています。
posted by Shara at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。