2013年06月18日

ありがとう

2013061803.jpg

今年も地道にやっています。
県の伝統工芸品とのコラボ団扇。
今回はくまモンも一緒に登場しています。

東日本の動物たちに
地元の愛護センターのために
少しでも力になれればと、収益の一部をこつこつと送っています。

それもこれも、わんたろうさんに会わなかったら
やっていなかっただろうと思います。
初代、二代目一太郎、それにパピー君がいたから
視線がそちらへも向いたのだと思います。

今日はパピー君の四十九日でした。

ずっとアトリエにいてくれた初代も
パピー君と一緒だったら、寂しくないだろうと思い、
一緒に土に還っていくことにしました。

長かったような短かったような…
二代目が居てくれていても、初代と二代目はやはり別で…
でも、いつまでも引き止めていても初代も荷が重いかなと思いつつも
やっぱり傍にいてもらいたくて、
ずっと引き止めていました。

実家の片隅の、木漏れ日が差し込む場所に
二人並んで各々桐箱に入ってもらって土に還しました。

二代目もじっと見守っていました。
外猫のミーも、ちょっと離れた所から見守っていました。
立派な よい形の小ぶりな岩を
パピー君と初代のと 父が用意していてくれていました。

これからは実家で、毎日両親に見守られながら
四季を感じながら
自然の流れに身を任せて土に還り、石碑だけが残ることになります。

いつも二代目のことを気にかけてくださっている方が、
ご供養のケーキを二代目に下さいました。
今年、長女担当の愛犬を亡くされた方で、
本当に分け隔てなく犬をこよなく愛する 素敵な方です。

時間を超えて たくさんの方々に
本当に愛されて、お世話になって…
ありがたいことだと本当に思います。

もちろん
ここに来てくださって、コメントを残してくださっている方々にも…
こんなに不定期な更新にもかかわらず、
ずっと読み続けてくださっている方々…

ほんとうに ありがとうございます。

初代はパピー君と土に還りました。
本当にありがとうございました。
二代目はこれからもずっと 命の限りバディとして共に過ごしていくことでしょう。
これからもよろしくお願いします。


初代一太郎を愛してくださった方々へ
この場を借りて ご報告いたします。

posted by Shara at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Best Partner | 更新情報をチェックする
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。