2011年04月22日

「今を生きろ」か「社会に出てくるな」か…

2011042101-1.jpg

最近 いろんなことが世間では起こっています。
3月の震災から原発問題、てんかんのキャリアを持つドライバーのクレーン事故
そして、皮肉にも「アースデイ」である4月22日0時から
とうとう原発から半径20キロ圏内が警戒区域となってしまいました。

私は特別 愛護精神が強い訳でもなければ
自然保護団体でもないです。
それどころか、自分の身体の制御すらままならない状態です。
裕福でもありません。
月の医療費が何万円にもなります。

わんたろさんがいてくれるのも
ゆとりで家族を迎えている訳ではなく
治療の一環として、傍にいてもらっているのです。
数日前から左下肢にも不具合が出てきて、
普通に歩けないことに わんたろさんは戸惑いをみせています。

病状が悪化をたどっていることに
とても不安を感じています。
おまけにPTSDの悪化。
転院した大学病院では、社会生活や仕事を抱えながらの治療に関しては
あまり前向きではないらしく、
とても現実的ではありません。

毎日朝からきちんと起きて
一太郎さんのところにお線香をあげて、
メールのチェックと電子新聞に目を通し
SNSのチェックをするのが日課です。
その間にわんたろさんはごはんを食べます。

被災地での動物達、飼い主さんの苦悩
原発の退避での生活の苦悩
クレーンが登校児童を巻き込んだこと。
その運転手がてんかんを持っていて、薬を飲み忘れていたということ。
警戒区域になる寸前に、最期の家畜の世話を涙ながらになさっていた畜産家の方…

いろんなニュースに対して
いろんなコメントが入っていたりします。
それにも目を通しているのですが、
放射能差別と同じように てんかん差別がまた持ち上がっているようです。

そして、目にした記事
「身障者は社会生活する資格はない。迷惑を被るのは健常者だ」
という見出し。
確かに今回の事件は、薬を飲み忘れたという過失
クレーン免許を申告しないで取得したこと
雇用先にも伝えていなかったこと
問題はあると思います。
そして、大きな可能性を持つ大切な命をたくさん奪ってしまった…
薬さえ飲み忘れていなければ防げることだったのに。
実際、てんかんも2年間発作が起こっていなければ免許がとれます。
薬を飲んで上手につきあっていくことができる可能性が高い病気です。
どうして大事な薬を飲み忘れてしまったのか…
薬さえ飲んでいれば……
てんかんを隠していたのも、分かれば仕事に就けないとか
差別を恐れてということが多少なりともあったのではないかと思います。

決して加害者の肩を持つ訳ではないのです。
薬を飲み忘れた加害者に問題があるからです。
だけど、申告することで言われのない差別を受ける社会を作ったのは
まぎれもない健常者です。

放射能が伝染するとか、訳の分からない不安のタネを撒いたのも
当事者とは関係ない地域の人です。


私は、普通に生まれて
普通に生活して
普通に仕事をしてきました。
それが突然 事故で歯車が狂いはじめました。
ストーカー事件に巻き込まれてPTSDを背負ってから
また歯車が狂いました。

社会生活から弾き飛ばされた人間は
もう社会に戻ってくるな
迷惑なだけだ…
少なくともそう思っている日本人は
けっこういるんだなぁ…と思いながら
コメントに目を通しました。

被害者の苦しみの何が分かってこういうことを言うの?
加害者の苦しみの何が分かってこういうことが言えるの?
障害に苦しむ人間が、少しでも自立しようとすることが
そんなに社会では迷惑なことなの?
私は、何の助成もなく控除もなく、
悪化していく身体と毎日つきあいながら
それでも、お金がないと病院に行くこともできない
わんたろさんのごはんも買うこともできない
いちばん中途半端な状況に置かれて、
転院した病院も、働きながら上手に病気とつきあう治療ではなく
いろんなヒトの力を借りながら なんとかやっと生きている状態です。
その中で、できることをできる範囲で少しずつやっているだけです。

ちょうど肉体的にも精神的にもしんどくて
生きている意味がわからなくなった時に
「健常者が迷惑を被るだけ」という内容と
多くのそういった意見に目を通して
なんだか 気持ちがぶれているみたいです。

いろんな天災も事故も
結局 残された人間が背負う宿命にあります。
けれど、それを背負うことができるかというのは
当人にしかわからないものです。

今回の災害で、みんな がんばろうって言っています。
でも、すべてを無くして 大事な家畜や犬猫を置き去りにして
苦渋の選択を強いられて、自分の住み慣れた家に戻ることができない人に
がんばろうって言っても、何をどうがんばるの?って思われるのがオチだと思います。
少なくとも、私が福島の被災地に住んでいたらそう思います。

がんばろうって言葉は簡単です。
現地では訓練された自衛官も二度と行きたくないと
軽犯罪を起こしてでも逃れたいような惨状。
原発内で亡くなった東電の社員の遺体も、放射能に汚染されている理由から
そのまま放置するしかないということに対する、遺族の憤り。
社員よりも、下請け孫請けの会社への復旧依頼。莫大な報酬と記録されない放射線手帳…

なんだか少しも力を合わせてない気がして…
住民の意見を半ば無視したような行政も
放射能避難での転入で放射能測定器での証明書がないと
転入を認めないとか
いわきナンバーは給油拒否とか

これのどこが一丸なんだろう…
がんばりたくてもがんばれない状況を
災いから逃れた人が勝手に作っているのに。

そして、私も思うのです。
大学病院の治療で、社会復帰は当分無理だと
他人事のように言われて、
その間の救済策など医者は考えてはくれないんだろうなぁ…と。

posted by Shara at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | I think so… | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

一周忌をすぎて

2011040701.jpg

今年もこの季節になりました。
初代を亡くして一周忌。
早いような遅いような…

今では二代目が傍にいてくれています。
それでも、やっぱり気持ちが晴れない日も多く…

2011040503.jpg

去年まで一太郎さんと見つめていたサクラは
二代目と見つめています。
ちょうどホリプロのサクラレポーターになったこともあり
内地最南端のソメイヨシノを観察しています。

一太郎さんが四十九日に出産予定だった二代目。
二日遅れて帝王切開で生まれてきたのは
生まれ変わりの順番を無理に追い越したのではないかと
みんな言ってくれています。
「おれには まだやり残したことがあるから
早く生まれ変わらないといけないんだ!」
身体の取り合いで2日間出産が遅れたのではないかと
みんなそう言ってくれています。

2011040702.jpg

サクラが花吹雪を散らし
ツツジが咲き始めた一周忌。
去年と変わらず抜けるような青空でした。

どんなつらいときも
私が事件に巻き込まれても
身を呈して私を守ってくれた一太郎さん。
私の不安や焦りや涙を 傍で見つめていた一太郎さん。

それが伝わってしまうのか
二代目は なかなか笑わないコになっていました。
まだまだパピーですから、
初代のような仕事は無理な話です。

それでも彼なりにがんばってくれています。

2011033106.jpg

先日やっと笑っている二代目を写真におさめることができました。
まるで、初代の魂が少し表に出てきたような
そんな気がしました。

毎日が痛くて苦しくて
PTSDの再発もあり、最大の理解者であった一太郎さんは虹の橋を渡って…
でも、いちばん大事なことは、二代目が受け継いでいるようです。
まだまだパピーで、うまくいかないぶぶんもありますが
それでも私にとっては 生きていくために必要なバディーです。

_DSC6171.jpg

病院も大学病院に転院になり、
心療内科から精神神経科への転院になり、
うまくいけば、社会復帰への近道だからと思いつつ
それでも、社会復帰できない私のことを
両親はどう思っているのでしょうか…

時折 私の今生きている意味がわからなくなる日々が襲ってきます。
痛くて不自由な身体を抱えて、恐ろしくて二代目と一緒でないと外に出ることもできず
去年までに貯金も尽き果てて、両親に経済的なお世話になっている…
生きているだけでお金がかかるのに
お金を生み出す術がない…
この悲しさとうしろめたさ…

なぜ 私のような人間が生き残り
優秀だった仕事仲間が被災して安否がまだ確認できないのだろう…
私さえ健康だったら、両親へ旅行のプレゼントをしてあげたり
いろんなことができたのに…
生きているだけで両親へも負担をかけています。

どんどん痛みが増して、不自由になる身体
悲しくて仕方ないけど
それでも季節は過ぎていって また新緑の季節が訪れてきています。

何か 私にできること
私が生きている意味
それを探さないと、二代目にとってもかわいそうですし
私もやりきれません。

そんなことを考えていた昨日今日でした。


posted by Shara at 22:08| Comment(7) | TrackBack(0) | Best Partner | 更新情報をチェックする
I think so...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。